2017年 03月 26日

翌日は雪

 きのう春の話題を上げたのに、今朝は、またまた雪でした。
f0301766_12325466.jpg
道の上ではすぐに融けて、滑る心配はありません。
工房は5度どまりなので20度の室内でそば猪口を作りました。
f0301766_12373870.jpg

 座って作ったあとに立ち上がると足が一瞬覚束無いのは年のせいかな。その点、椅子での作業はありがたいですね。
 半乾きになったら底を削ります。

[PR]

# by sakura-kama | 2017-03-26 12:42 | 自然・八ヶ岳山麓 | Comments(0)
2017年 03月 25日

野の春



 300mばかり下がった場所で田んぼ沿いの道をロックと歩きました。
f0301766_18511290.jpg
 ナズナの花が咲いてます。
 こちらはオオイヌノフグリです。
f0301766_18534520.jpg
 この写真機では青の色が殊更に強調されていますが、もうちょっとおとなしい感じの青です。
 これはヨモギの芽吹きです。採取するのによさそうです。
f0301766_18562107.jpg
 ヨメナです。先日、三分一湧水館売店に並んでいるのを見ました。カンゾウの芽なので甘いんでしょうか。
f0301766_19000275.jpg
家に戻ると、ヒヨドリが与えたりんごの皮を食べていました。人が通っても飛び去りません。フリーズしているので、近寄って、2m足らずのところから撮りました。
f0301766_19030001.jpg
余りにも動かないので、心配になりましたが、(多分つがいの)もう一羽がビュンと飛んできたら、
後を追いかけて、ビュン!!
 ひょっとして、「この人、怖くない」ということかな?
 Jマートで鶏糞と牛糞堆肥15kg各1袋買って来て畑に施し、半年ぶりに鍬を入れました。
 冬を越した野菜は、わずかなほうれん草、スナップエンドウ、にんにく、です。
f0301766_19175858.jpg
 鍬を入れた畑とにんにく。
f0301766_19191050.jpg
 お店には早くも夏野菜の苗が売っていましたが、毎朝の氷と霜を見ているので、買うのはいつもどおり、「連休ころ」までお預けです。その頃にはまいた肥やしも馴染んでいるでしょう。

[PR]

# by sakura-kama | 2017-03-25 19:24 | 自然・八ヶ岳山麓 | Comments(0)
2017年 03月 23日

今日の制作

 昨日に続いて、新しく水簸した土で作った小さな器にも白化粧土を塗って、しのぎの山だけ削り取りました。
f0301766_20010631.jpg
 こちらは同じ土で、花入れを制作。
f0301766_20022177.jpg

 乾燥と削りの後にやはり化粧土を塗って、透明釉をかけます(多分)。
 新聞を取りに行って、道端のいつもの場所にスミレを見つけました。なんというスミレでしょうか。
f0301766_20064606.jpg
 壁とアスファルト道との境目に咲いています。じわっと春ですね。
 大津にいるときは住宅地の道端に叡山スミレとか咲いていました。葉が独特でわかりやすかったなあ。(叡山という名はついてますが、九州から本州の低山に生えているとか。関東でも高尾山での観察写真があるのを見ました。下の写真は大津のものだそうです。コピー)

[PR]

# by sakura-kama | 2017-03-23 20:26 | 陶芸 | Comments(0)
2017年 03月 22日

粉引になるかならないか



 地元土は器肌が荒れて水も漏りやすいので、どう使いこなせるか、それが問題です。
 唐津土の器に新しい白化粧土を刷毛塗りした流れで、地元土が入った粘土の器あれこれにも塗ってみました。
f0301766_19323144.jpg
 乾燥が進んでいたので、濡らしたスポンジで拭いて水分補給してから塗りました。
 こちらは前の窯に入らなかったカップです。
f0301766_19352857.jpg
 どちらも削り落としなしで焼きます。
 買った粉引土もあるのですが、そのまんま使うのはためらわれ、昨日書いたレシピで配合したものです。長石を入れたことで、粉がふくという感じでなくてつるっとした感じになるのかな、なんて思ってますが、どうなるのでしょう。
 これまでの白化粧土 天草磁土 主、粉引土(市販)従
 こんどのもの 長石:カオリン:蛙目粘土=2:2:1
 似てはいても少しずつ違うんでしょうね。もっとほかのくみあわせもやってみたいなー。
 昨日は昼間ずーっとミゾレが降っていました。夜は風も吹いて荒れていたからでしょうか、せっかく積んだ木っ端がこのとおり。
f0301766_19455719.jpg
 崩れるべくして崩れた(土台不安定により)ので、今度は赤松を取り除けてから積み直しています。崩れてみると多いですね。

[PR]

# by sakura-kama | 2017-03-22 19:50 | 陶芸 | Comments(2)
2017年 03月 20日

花入れ

 納品準備のために水漏れテストをしました。花を入れる器なので、花を、と探しましたが(わかっちゃいるけど)、やっぱりありません。
 ただ、早く咲きたいとでも言いたげな雪柳の枝があったので、入れてみました。
f0301766_19024613.jpg
 一度白化粧土(天草磁土と粉引用の土を主従でまぜたもの)を塗った効果なのか、素地が赤っぽく発色したのが気に入ってます。
 同じ趣向で、唐津土による湯呑にも彫りと化粧を。
f0301766_19050653.jpg
 今度の化粧土は、長石、カオリン、蛙目粘土を2:2:1で。
 前回制作するも、乾燥途中でヒビを見つけたので焼かなかった唐津土の鉢を再度(形は変えてます)。
f0301766_19100698.jpg
 花は咲いていませんが、さすがに陽射しが出て風がない昼間は春っぽい空気です。
 見つけました。羽虫が群れ飛んでいました。証拠程度の写真ですが。
f0301766_19182104.jpg
 別荘の方もぼちぼち見えるようになりました。

[PR]

# by sakura-kama | 2017-03-20 19:25 | 作品 | Comments(2)