冬青窯八ヶ岳便り

yatu36.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 20日

暑い!

 梅雨が明けたそうですね。やたら蒸し暑いです。
 窯の前のレンガを外して、煙が直に煙道に回ってしまわないか?との心配に、右焚口に火を入れてみました。  
 写真では分かりそうもないので、とってありませんが、勢いよく上に上がっていったので、多分大丈夫です。
 念のため、高さ18cmくらいの火盾を立ててみました。 
f0301766_18321564.jpg
 前の窯より高さがあるので、熱が天井に回りきらない可能性もあるので、火盾は有効だろうと思います。 
 焚口の横には空気穴を開けてあります。どう使えるかは未知数ですが。
f0301766_18350533.jpg
 棚板置き場を増設しました。
f0301766_18333890.jpg
 午後5時すぎ、ロックと散歩に行ってきました。
 ヤブカンゾウの花、くるみの実、アヤメの仲間でオレンジの花
(クロコスミアというそうです)
f0301766_18385560.jpg
f0301766_18401824.jpg
f0301766_18410606.jpg
 庭のブータンマツリ
f0301766_19043992.jpg
 あすからぼちぼち制作準備に取り掛かります。

[PR]

# by sakura-kama | 2017-07-20 19:12 | 薪角窯
2017年 07月 19日

色味穴

 後ろ側に開けた熱電対の穴は天井近くにあったので、下の方には前から穴を確保。あわせて、色味の穴も開けました。
f0301766_19232916.jpg
 中を覗くと、まだ暗い、赤い炎が流れている、器が白っぽく輝いているとか、その段階ごとに観察されます。窯の状態を温度でなく直に見られるのが安心材料です。
 途中での引き出しの穴までは考えていません。相当大きくなるので工夫を要しますね。
 あすはレンガに番号を振って、締め方が再現できるようにしてから、レンガを外していきます。
 正面焚口が2つあるので、最初の炙りをどうするか?
 じゃ、真ん中で火を焚くことからはじめよう、ということで、前にレンガを並べておきました。
f0301766_19471782.jpg
 今日はアク抜きを長いことしていた3種の灰を取り出しました。
 右ワラビ、ひだり道草灰です。道端のイネ科の植物ですね。
f0301766_19494216.jpg
 たくさんできたのはストーブの灰です。
 エキナセアとロシアンセージ
f0301766_19512723.jpg
 棗のじみーな花がたくさん咲いています。
f0301766_19533144.jpg

[PR]

# by sakura-kama | 2017-07-19 19:55 | 薪角窯 | Comments(4)
2017年 07月 18日

両焚き倒炎式角窯 完成

f0301766_20213158.jpg

 昨日今日と、前の扉部分の積み上げを試み、完成にこぎつけました。 試み段階では、結構前にせり出してしまいました。 これは絶対にやってはいけないことです。内側ほど膨張するレンガで、外側に押され、悪くすると焚き口で窯を焚く人の頭に倒れ込みます…ゾゾ…
 あらためて積み直しました。
f0301766_20375725.jpg
 アーチ上部の隙間を塞ぐための加工に時間がかかりました。
f0301766_20411974.jpg
 壁の倒壊対策と材料あり合わせ利用もあり、下8段は厚み23cmの壁に、その上は17cmにしてあります。外に耐火断熱レンガを利用しています。
 見えている2枚の耐火レンガは、うち外貫いて、外の壁を上から抑えるようにしています。倒壊対策です。
 隙間だらけですが、焚く前に粘土で塞ぎます。
 膨張と収縮を経て、開けようとしても開かない(レンガ外れない!)ことがこれまでにはありました。

[PR]

# by sakura-kama | 2017-07-18 20:52 | 薪角窯
2017年 07月 17日

ひまわり

 家の前から見える畑にひまわりが咲いたので行ってみました。
f0301766_10241747.jpg
 もっと近づくとミツバチが見えます。
f0301766_10252483.jpg
 家の草むらにモナルダが咲きました。現物はもっと赤紫が強いです。涼しげな色のもあったのですが、消えてしまいました。
f0301766_10284523.jpg

 さて、窯です。2回塗りが出来上がりました。
 正面と裏側
f0301766_10301448.jpg
f0301766_10305304.jpg
 乾燥状態で160kgくらいの土を水でとき、ねっているので250kgくらいが乗っている状態でしょうか。アーチは重くなるほどがっちりと強くなります。
 乾燥によるひび割れの状態を見て、必要なら仕上げ塗りをします。

[PR]

# by sakura-kama | 2017-07-17 10:39 | Comments(2)
2017年 07月 16日

窯に土を塗る

 窯のアーチ部分に土を塗り始めました。
 雨が降ってきたので、ここまででしばし休憩です。
f0301766_14492196.jpg
 2回目を塗っているところです。てっぺん付近には、まえの窯の廃材(キャスタブルで作ったアーチ内張り)を載せて耐火断熱マットの抑えとしています。これが隠れるまで塗り込めます。
 地に下ろしたベンケイソウの仲間(園芸種)に花が咲いています。
f0301766_14551554.jpg
 さあ、あとひと働き!

[PR]

# by sakura-kama | 2017-07-16 14:57 | 薪角窯 | Comments(2)